婚活おんぼろグラマラス

~もう息もたえだえ~

秋は私をいなくてもいい存在に変えてしまう。

たなかです。こんばんは。

 

秋だ。寒い。秋だ。

 

zozoのセールで買ったパンプスが大きかった。セール品だから返品できないらしい。無念。

 

 

寒い。

秋はうつになりやすい季節らしい。例にもれず私の気持ちもふさぎ込んでいる。ふさぎ込みまくりだ。

 

 

占いに行った。特に行きたかったわけではないのだけど、付き合いで占いに行った。

行かなければよかった。

今年が人生で一番つらい年で、やりたくないことと辛いことばかり起こるらしい。これを打破するためにはただ耐え忍ぶこと。誰かが助けてくれるとかそーゆーことではないらしい。

こんなことを言われるために貴重な時間を使ってしまった。この辛い年をこえれば残りの人生は今より幸せになれるらしい。でも、最近まで何も疑わず幸せだったのに、突然がくっと体調を崩して、占い師が私の体調を操作してる気さえした。

占いなんて行かなければよかった。

 

 

寒い。

私が離婚を切り出したのは秋だった。鬱になりやすい季節のせいだったのではないだろうか。そんなバカなことを思ってしまう。

 

一番笑顔にしたい人を笑顔にできないのなら別れればいいと思った。

彼も同じだと言った。

私達らしい離婚理由だと思う。

 

でも最後まで相手の幸せを祈ってたんなら、なんで自分で幸せにしてあげなかったんだよ。耳触りのいい言葉で結婚生活を終わらせてしまったから相手が本当はどう思っていたのかはよくわからない。

ケンカして衝突してそれでもいいから前に進む、そんな結婚生活がしたかった。

 

 

寒い。

家に帰ると誰かいる、そんな生活がしたい。好きな人ができたと思ったけど、彼は私のことはそんなに好きではないのかも。

いいなって思う人には好かれなくて、好かれたくない人には好かれるのは、私のなにかがそうさせてるのかな。これこそ占いで聞けばよかった。

 

 

寒い。

秋は私をいなくてもいいような存在に変えてしまう気がする。私は怠惰で意地悪で卑屈で、何もできなくて、誰も私を必要としていない気がする。もっと輝いてたはずなのに。気づくとみんな私よりもキラキラしてる。そのギャップで私はもっと意地悪で卑屈になる。


寒い。

もうすぐ父の年忌だ。これからもこの時期になると毎年父と過ごした時間をより濃く思い出すのだろう。キンモクセイの香りをかいだだけでよみがえる記憶ってすごいね。




寒い。でも大丈夫、たぶんこれ秋のせいだから。秋のせいで自分を失わないように一つ一つ正確に生きよう。