婚活おんぼろグラマラス

~もう息もたえだえ~

雪怖い!4年前の大雪のとき、高崎線の車内で何が起こっていたか。

へろーへろー!たなかです。

雪が嫌いです。昔はスキーとかも行ったりしてたんだけど。都心の雪はほんとに嫌い。週末からそわそわして、今日も仕事中にそわそわしまくって、帰りたいと言いまくりました(ダメ社員)。私が雪を嫌いになったそんなエピソード。

 

身バレ?そんなもんは知らん。

4年前の2月、都心で大雪が降ったのはまだまだ記憶に新しいけど、もう4年たったんだなぁ。そしてwikiにまとめられてたしなんか名前ついてるw

平成26年豪雪 - Wikipedia

 ちなみに今は引っ越して違う場所に住んでおります。

 

高崎線に乗って埼玉某所に帰る予定でした。

昼過ぎから雪が降ってて今日帰れるのかなぁ…と不安でした。

 

「絶対帰れなくなるからもう閉め作業しましょう!!」という私に上長は『だーいじょうぶだって!たなか君は心配性だなぁと一蹴しました。

「でも!ほんとに!!帰れなくなるって!!絶対!!!」と騒ぐ私を駄々をこねる子供みたいをあしらうみたいにみんなが相手にしてくれなくて、ほんとに帰れなくなるかもしれないのに!!!!!!!!!!!!!!!!!!!あほ!!!!!!!!と思いながら定時+残業をこなしたのでした。

 駅に着いたら電車が遅れてて、でもまだ20時くらい。帰れるつもりでいましたその時は。

 

ホームで待つこと30分くらい。電車に乗り込みました。このままいけば1時間以内に家に着くかな~と思っていたら最寄り駅の一つ手前で電車が停車。雪の影響で電車が進まなくなりました。どうやら高崎線の先の方で積雪がすごくて電車が動かせない?そんな理由だった気がします。

 

2時間くらい(たぶん)待っても動かない。終電の時間までに駅につかないとバスがなくなっちゃうよ!!

待てど暮らせど電車が動かない。隣の駅にはいるけど、まったく歩ける距離ではないので歩いて帰る選択はできませんでした。一応タクシー乗り場まで行ってみたけど、何時間待ってますか?って聞いたら3時間と言われたので電車に戻りました。

 

電車なら電気あるしあったかいし。

 

と思ってたら、車内アナウンスが流れます。

「このまま電気を使い続けると車庫にもどれなくなっちゃうよー」的な内容で、電車の電気は切られました。非日常にちょっとだけわくわくしました。だって今から車中泊するなんてこのとき1mmも思ってないもん。

 

まっくらな中で無言で待ちます。暖房が切れてだんだん寒くなる車内。あかん。寒い。あかん。

 

目の前の女の子がリクルートスーツを着てて、スカートとストッキング姿は見ていて辛かったです。しばらくつらそうに足を撫でて温めていたけど、バッグから会社案内の資料を出してひざにかけました。

私はその日パンプスで、足の甲が寒くて痛い。足の甲とれるんじゃないかなっていうくらい痛い。足をバッグに入れて寒さをしのぎました。足をバッグに!バッグに足を!新聞紙を肩がけみたいにかける人、あたたかい飲み物をシェアする人、ホッカイロで順番に暖を取る人、食べ物をシェアする人。気づいたら私被災してたみたい。

 

電車は自動ドアが手動に代わって、1両に1個ぐらいしかドアは使えませんでした。駅に停車していたのでトイレには行けるんだけど、帰ってくるとどこのドアから入れるかわからない。入口を探してうろつく私に、ホームに立ってる男性が「ここだよ」って教えてくれました。彼はホームの隅でたばこを吸ったようでした。

 

結局朝まで電車は動かず…。駅の売店が始まるのを並んで待って、ケータイの充電器とホッカイロを買いました。売店に並んでるのは10人くらい。ホッカイロもたぶん10個くらいしかない状態で、複数買いする人や買えなくて嘆く人がいて、極限…と思いました。

 

一晩を駅で過ごして、始発に乗り込む予定のお客さんが電車に乗り込んできます。暗い車内にたたずむ私たちを見てみんな一瞬たじろいでました。(たなかの心:乗っても動かないよー!!)

 

明るくなったので動き出そう。(←この発想がもう被災。)そう思っていたら駅員さんが段ボールを持ってやってきました。

「ご迷惑をおかけして…」とか言いながら乾パンとホッカイロを配ってくれました。水もほしいな…。とぼんやり思いつつ、やっぱり被災してたwwwwとちょっと元気になりました。今さっき乗ったばかりの人にも駅員さんは乾パンを差し出していました。それを受け取る人、今乗ったばかりだからと断る人、駅員さんに罵倒する人、大変だねって声をかける人。いろんな人がいるんだな…極限!

 

そして寒い社内にいるよりは…と思って近くにカラオケがあることをネットで知りカラオケに向かいました。徒歩10分って書いてあるから行ってみようとしたら全然50分くらいかかるじゃんwwww雪つらみ。ぼろっぼろな格好でカラオケに行ったら、店長さんが対応してくれて、「もしかして高崎線で帰れなかった人!!??」と言われ夜中もやってたから来たらよかったね!と言ってあたたかい飲み物をくれました。充電器とブランケットを貸してくれて、店長…T_Tとちょっと目が潤みました。聞くと、前日は帰宅困難者を受け入れてあげることが先決だ!と、大部屋を相部屋して全部のお客さんを入れてあげたのだそう。

 

充電をして暖をとってしばらく眠ってから、駅に戻ったけど電車は動いていなくて、なるべく家の近くまで行けるバスを探してそこから歩いて家に帰りました。ハイヒールでね。

 

3,40センチくらいは積もってる雪にざくざくヒールで突っ込んで歩きました。

家に着いた時、唇と足が真っ青で、お風呂に入ってるのに寒くて寒くてしょうがなかったです。その後足はしばらく色が戻らなくて一週間ぐらい凍傷について調べていました。

疲労がすごいのでその日仕事は休んで泥のように寝ました。上長のことは恨みました。

はぁ。

 

 

それ以来、雪が降るかも。っていうと気が気じゃなくなって、毎年備蓄品とかあったかグッズを買ってしまいます(笑)

また帰れなくなるかも!!と思うと憂鬱で憂鬱で、二日前から不安でしょうがないし会社休もうかな、つーか会社やめようかな、もう実家戻ろうかな!!飛躍しすぎ!!!!!となります。トラウマって言葉は好きじゃないのであまり使いたくないけど、怖い体験、辛い体験って何年たっても思い出すし、似たような状況になると不安になるね。でも不安になることは学んだんだなって思ってるんだけど。ポジティブ~!!でも雪は苦手です。2月怖いな。スノーブーツ買おうとして雪国じゃないからって友達に止められた←

 

帰りの電車が止まって帰れなかった。 くらいにしか思ってなかったんだけど、文字にすると被災してるなwその場にいたみんなが被災してて、優しくできる人、出来ない人、怒り出す人、マナー違反をする人、いろんな人がいるんだなって思いました。優しくできる人になろうとか、こんな時に取り乱さないようにしようとかじゃなくて、淡々といろんな人がいるんだな。これが自然災害だね。気を付けようね。という感じです。だって取り乱す人は取り乱すよwwwww

 

どうか皆様ご無事で。

 

 

たなかちゃんがその時買った備蓄品グッズはこちら☆彡
貼るホッカイロはお守り代わりにバッグに忍ばせておくといいよー!!